静岡みかんの産地

中部地区

中部地区の静岡みかんの産地をご紹介します。

JAハイナン

大井川西部から御前崎にかけての海沿いのエリアです。お茶の一大産地であり、生産者のほとんどが、茶とみかんの複合栽培を行っています。県内でいち早く青島温州を栽培し、その名を広めた産地でもあります。富士山静岡空港の建設に伴って、傾斜地から平坦な園地に生まれ変わり、機械の導入も進んでいます。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JAハイナン

JAおおいがわ

大井川がもたらした肥沃な大地が広がるエリアで、青島温州を主として栽培しています。県内でもっとも早く光センサー選果機を導入した地域であり、現在は様々な形態での出荷やトレーサビリティにも対応した最新鋭の選果機を使用しています。輸出の歴史も古く、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、タイなど複数国へ輸出できる、全国で唯一の産地となっています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JAおおいがわ

JA静岡市

静岡市葵区・駿河区エリアで、山間部を中心にみかんを栽培しています。温州みかんの代表である「青島温州」の発祥の地は、静岡市。特選した青島みかんは「夢頂(ゆめいただき)」と名づけ、付加価値を高めています。また、甘夏の仲間である「スルガエレガント」も静岡市オリジナルの特産品として主力な柑橘となっています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JA静岡市

JAしみず

静岡市清水区エリアです。(独)果樹研究所の拠点や静岡県農林技術研究所果樹研究センターがあり、高度な研究情報を得ることができます。青島温州を主としながら、「はるみ」や「こん太」などの柑橘類もブランド化を進めています。「清水のミカンファミリー」を活用したオリジナルキャラクターグッズの開発など、特色ある宣伝活動も行っています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JAしみず

※しずおか食セレクションとは

静岡県の多彩で高品質な農林水産物の中から、全国や海外に誇りうる価値や特徴をそなえた商品を、県独自の基準にもとづいて認定する制度。平成28年度現在、認定されている柑橘類は、「寿太郎プレミアムゴールド」(JAなんすん)、「本貯蔵青島誉れ」「ミカエース」(JAみっかび)、「プライム(早生・青島)」(JAとぴあ浜松)、「丸浜産片山みかん」「丸浜産グレープフルーツ」(丸浜柑橘連)、「JA伊豆太陽ニューサマーオレンジ」「JA伊豆太陽冷風甘夏」「JA伊豆太陽ハウスみかん」(JA伊豆太陽)、「こん太」「はるみ」(JAしみず)、「スルガエレガント」(JA静岡市)。
静岡みかんの品質の高さがうかがえます。

ページの先頭へ戻る
図1
静岡みかんインフォメーション | 静岡みかんって? | 静岡みかんの産地 | みかん豆知識 | 生産者紹介&メッセージ
>>関連リンク >>サイトマップ >>サイトポリシー
JA静岡経済連柑橘委員会
JA伊豆太陽・JA伊豆の国・JAあいら伊豆・JAなんすん・JA富士市・JAしみず・JA静岡市・JAおおいがわ・JAハイナン・JA遠州夢咲・JA遠州中央・JAとぴあ浜松・JAみっかび・丸浜柑橘連
  お問い合わせ先
JA静岡経済連(静岡県経済農業協同組合連合会)みかん園芸部 柑橘果樹課
静岡県静岡市駿河区曲金3-8-1
TEL.054-284-9912
Copyright (C) JA Shizuoka keizairen kankitsu iinkai All Rights Reserved.