静岡みかんの産地

東部地区

東部地区の静岡みかんの産地をご紹介します。

JA富士市

富士山を背に駿河湾を望むエリアです。富士山や愛鷹山麓、富士川沿いなどで青島温州を中心に栽培を行っています。柑橘栽培の歴史は明治20年頃からと古く、大正時代初期には産地の基礎を確立し「黄色いダイヤ」と呼ばれる黄金時代を迎えました。土の上に白い特殊なシートをかぶせる「マルチ栽培」の導入により、糖度の高いみかんを生産しています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JA富士市

JAなんすん

沼津市から南へ伊豆半島西北端までのエリアです。海をのぞむ段々畑で栽培されたみかんは「西浦みかん」として出荷されます。青島温州より糖度が高く貯蔵性の高い「寿太郎温州」が発見された地であり、温州みかんの流通が少なくなる3月中旬以降に「寿太郎プレミアムゴールド」として厳選した製品を出荷し、ブランド化を進めています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JAなんすん

JA伊豆の国

伊豆中央部の、温泉と富士山の眺望で観光地としても名高いエリアです。管内では青島温州や寿太郎温州を中心に栽培しています。戸田地区では近年、日本固有のカンキツ類である「タチバナ(橘)」が自生する北限の地であるということから「橘プロジェクト」を立ち上げ、販売促進と地域活性化に取り組んでいます。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JA伊豆の国

JA伊豆太陽

伊豆半島南部で、冬でも温暖な気候を生かし、甘夏やニューサマーオレンジ、ポンカンなどを栽培しています。ニューサマーオレンジは「しずおか食セレクション※」に認定されるとともに、平成24年度に「JA伊豆太陽ニューサマーオレンジ」として商標登録されました。また、東伊豆町はハウスミカン発祥の地として、高品質な果実が市場から高い評価を受けています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JA伊豆太陽

JAあいら伊豆

日本屈指の温泉地として知られる伊豆半島東海岸エリアです。観光地としての特性を生かし、青島温州、早生温州のほか様々な柑橘類を、少量多品目で栽培しています。特に「ダイダイ」は、県の「エコファーマー」の認定を受けた生産者が栽培する特産品として、正月のお飾りのほか、マーマレード、ぽん酢、サイダーなど加工品としても展開しています。

詳しい情報はこちら

地図(google map)

JAあいら伊豆

※しずおか食セレクションとは

静岡県の多彩で高品質な農林水産物の中から、全国や海外に誇りうる価値や特徴をそなえた商品を、県独自の基準にもとづいて認定する制度。平成28年度現在、認定されている柑橘類は、「寿太郎プレミアムゴールド」(JAなんすん)、「本貯蔵青島誉れ」「ミカエース」(JAみっかび)、「プライム(早生・青島)」(JAとぴあ浜松)、「丸浜産片山みかん」「丸浜産グレープフルーツ」(丸浜柑橘連)、「JA伊豆太陽ニューサマーオレンジ」「JA伊豆太陽冷風甘夏」「JA伊豆太陽ハウスみかん」(JA伊豆太陽)、「こん太」「はるみ」(JAしみず)、「スルガエレガント」(JA静岡市)。
静岡みかんの品質の高さがうかがえます。

ページの先頭へ戻る
図1
静岡みかんインフォメーション | 静岡みかんって? | 静岡みかんの産地 | みかん豆知識 | 生産者紹介&メッセージ
>>関連リンク >>サイトマップ >>サイトポリシー
JA静岡経済連柑橘委員会
JA伊豆太陽・JA伊豆の国・JAあいら伊豆・JAなんすん・JA富士市・JAしみず・JA静岡市・JAおおいがわ・JAハイナン・JA遠州夢咲・JA遠州中央・JAとぴあ浜松・JAみっかび・丸浜柑橘連
  お問い合わせ先
JA静岡経済連(静岡県経済農業協同組合連合会)みかん園芸部 柑橘果樹課
静岡県静岡市駿河区曲金3-8-1
TEL.054-284-9912
Copyright (C) JA Shizuoka keizairen kankitsu iinkai All Rights Reserved.