静岡みかんって?

静岡みかんが出来るまで

11月~2月

収穫~出荷

収穫
静岡みかんの収穫は11月から2月頃が主となります。
ハウスみかんは6月上旬から9月下旬に収穫されます。

出荷
収穫されたみかんは、選果場で、大きさ・形などによって分けられ、
箱詰めされて出荷されます。
近年は光センサーで糖度と酸度が測定できるようになり、
より細かな選別が可能となりました。

熟成させてから出荷する「貯蔵みかん」は一定の温度や湿度の中で
しばらく寝かされ、1月頃から4月上旬頃まで出回ります。

2月~3月

整枝・剪定・施肥(春肥)

整枝・剪定
みかんの木に日光がよく当たり、風が通るように、余分な枝を切る作業です。

施肥(春肥)
みかんの施肥は通常、春・夏・秋に分けて行います。
春肥は新芽や果実の発育のために行います。

4月~5月

摘蕾

摘蕾
開花前に余分なつぼみを間引きして、果実に栄養が行きわたるようにします。

6月~7月

施肥(夏肥)・粗摘果

施肥(夏肥)
夏肥は果実を大きくするために行われます。

粗摘果
おいしいみかんを安定的に生産するために、果実の数をある程度まで減らす、摘み取り作業です。

7月~8月

仕上摘果

仕上摘果
収穫前までの期間に、傷、病気、虫食い、変型などのある果実を摘み取る作業です。

10月~11月

施肥(秋肥)

施肥(秋肥)
秋肥は収穫後に栄養を蓄えるために行います。

ページの先頭へ戻る
図1
静岡みかんインフォメーション | 静岡みかんって? | 静岡みかんの産地 | みかん豆知識 | 生産者紹介&メッセージ
>>関連リンク >>サイトマップ >>サイトポリシー
JA静岡経済連柑橘委員会
JA伊豆太陽・JA伊豆の国・JAあいら伊豆・JAなんすん・JA富士市・JAしみず・JA静岡市・JAおおいがわ・JAハイナン・JA遠州夢咲・JA遠州中央・JAとぴあ浜松・JAみっかび・丸浜柑橘連
  お問い合わせ先
JA静岡経済連(静岡県経済農業協同組合連合会)みかん園芸部 柑橘果樹課
静岡県静岡市駿河区曲金3-8-1
TEL.054-284-9912
Copyright (C) JA Shizuoka keizairen kankitsu iinkai All Rights Reserved.